2017年2月19日日曜日

まなびと成長


運営していたカフェを昨年末で閉店したことで、
今までと時間と体力(気力)の使い方が大きく変わってきてます。

この3年間は何かと現場が忙しく、(まさに心を亡くすという意味で忙しく、疲れてしまってることも多く)なかなかできなかったことが多々あったのですが、最近は溜まっていたそれらの気になることを意識的によくしています。

具体的には
①『ビジネス・マーケティングの本を読む(読み返す)』ということであったり、
②『今まで立ち寄らなかった場所やお店に行く/いつもと違う道を通る』ということであったり
③『スタバで考えを整理する・しゃべる』ということであったり。

仕事の実践の場が減ったところを ”勉強(Input)” にあてている感じです。


体力が切れるというのは、同時に気力も切れており、この疲弊した状態に、新しいことをInputするのはほとんど難しい。(もっと言うと、気力が切れる→疲労を感じる、疲労を感じる→気力が出ない、であって、この関係というのは、AならばB、BならばA という ”必要十分条件” を満たします(※)) 

忙しかったときには、ビジネス本などほんと読む気にならなかった・・・


今いろいろ情報をInputし直して、考えを整理し直している最中なのですが、やっぱり商売の成長発展も、こども(ひと)の成長も似ていて、鍵となるのは『気分と好奇心(Interest)』。


『気分を害さないこと』であり、『好奇心の邪魔をしないこと』。

このあたりのことが、とにもかくにも重要であることが整理できてきて、そんな話ばかりをお客さんの先生方としてる最近です。


余談ですが、
Interestには『金利・利息』という意味もありますので、なお面白いところですが、長くなるので今日はこれでおしまいです。

※43年の人生で初めて”必要十分条件”という数学用語を使えました!(笑)


ボーネルンド キドキドで遊ぶ うちのチビ
こどもは遊びを通してまなぶ♪

2017年2月3日金曜日

家事・育児は男女平等か?


昨日、オリーブのM先生k先生(ともに女性)と家庭での家事・育児の分担について話をしてて、
これがなかなか面白かったのでブログにしておこうかと・・・。


ある男前の若いパパさんが(素敵な奥さんも一緒だったのですが)
オリーブの店頭で子どもさんに習い事を、と熱心に探されてたんです。
2歳と4歳の子どもさんがおられるとのことで。

私が分かる範囲でその年次の子どもさんが習えそうな教室の説明をしていたのですが
それを聞いていたM先生K先生があとで

『子どもに習い事を探してあげるってあのパパさん、偉いよねぇ〜、イケメンやし!
って(笑)

そこから、家での家事・育児の分担の話になりました。

私もそうだし、お二人の先生もそうだったようですが、
小さい頃の習い事に (軽ぅ〜く四半世紀以上昔の話ですが(苦笑))
父親が関与してきた覚えはあまりなかったし、
それは 母親の仕事 という態度だった印象が残ってます。

”男女平等・共働きもあたり前”
というような社会の状況、価値観に変化しても
やっぱり家事・育児は女性が『ボス』で主導権があり、
男性は『サブ』でお手伝いをしているという感覚に私はどこかなってしまう、、、
(ここだけの話です。奥さんには知られてはいけない秘密です!)

こういう”無責任”なおっさんの感覚は、
お二人の先生には、あんまり納得してもらえず、、、、


世代が近かろうが、やはりそこは男と女の差は大きいようで、、、。


でも、この感覚もうちょっと伝わらんかなぁ〜と思い、
昨年末までカフェの経営をしてた時のもどかしい感覚を伝えてみたんです。
(イケない性格だなぁ〜 なんだか)

『きっとカフェと一緒で、経営者と従業員の違いに似てるんですよ!
なんでもっとこう、うまいこと接客できへんねん~っ!』 って。


話ももうそろそろの頃合いだったので(!?)、
『そうそう、だから私は上手に従業員(旦那さん!?!?)を育てようと思ってるんですよ!
とM先生は言って、帰られました(笑)。


---以下、ひとりごと---

経営者の従業員へのもどかしさと、世の奥さんの旦那さんへのもどかしさはどこか似てるように思うなぁ~。
産んだ者の思い、”腹から出てきたもの(思い)” は特別やろうし、
完全にevenな共同経営なんてうまく行かんって!

うちのチビ2歳8か月
こういう遊びは私の仕事!


2017年2月1日水曜日

暴れん坊トランプ


昨日、暴れん坊トランプ大統領は、入国制限の大統領令に従わなかったと
イェーツ司法長官代行を問題発覚から1時間でクビにしたとのこと。



70歳になってもなんともエネルギッシュなおっさんなこと。
そのやる気と情熱のところは、見習ってもよいかもしれませんが、
何かにつけて過激・排他的であることは全くいただけません、、、
人のこと・社会のこと・未来のことをまともに考えてるとは思えない・・・・
とにかくタチが悪いです。

誰の言葉だったかは覚えてませんが、
前回の大統領選で、所得格差の問題を解決すると言っていた
大金持ちのミット・ロムニー候補をこういって批判してる人がいました。

『彼が問題を解決するのではない。彼自身が問題だ!』 と。

この言葉、結構気に入ってて、久々に思い出したのですが、
トランプ大統領もまさにこれ!!

問題を解決してるというより、彼自身がまさに問題の塊です。


社会の問題って、一言で、『社会性(知性)の欠如』 と思うんですが、
話を聞かない人・話を聴けない人ってのは身近にもよくいて、
そういうタイプには常に困らされます。気分を害されます。

トランプを反面教師として社会性をよくできる可能性もあるでしょうか?
がんばっていきましょう!(?)

2016年12月13日火曜日

カフェ営業は残りあと7日


Cafeの営業は残りあと7日。最後の月曜日となった昨日。

昨日のお客さま、  
我がカフェスタッフYとママ友、YAMAHA音楽教室帰りの子供ちゃんたちと家族、いつもホットラテを飲むgentleman、妊婦さん、畑がライフワークの爺さん(昨日はネギをくれた。大量に、、、)、ご近所の大社長 などなど。

閉店のことをgentlemanのお客さまに告げると
「ここはゆっくりできたのに、、、」と心境を慮って言ってくださいました。
その言葉が結構ココロにじーんと染みて、

自分がcafeを通じて何をDeliverしたかったのかはっきりしてきた。

私が提供したいのは ”ちょっとゆっくりすること” であり、他者に邪魔されずにくつろげる機会を提供すること。

せわしさが加速する都会の暮らしで、遊びに仕事に、入出力の系を常にONにしていては疲弊します。

たまには、その入出力システムをoffにして、系を休ませて状態を整える。
カフェとはそういう場。

日常生活からちょっと自分をasideに置き、系のrefreshを待つ。

カフェは老若男女にOPENで、他者がいるにも関わらず、他者に邪魔されない空間。


ハードに働き、遊び、時々休息する。
そんな全体の系を整えることが、我がスローガン to make life easier、
つまり、暮らしをもっと楽にするには大切だし、
私の仕事の役割だとも思っています。


「おしゃれなカフェだったのに」と悲しんでくれると切ない。
「スタッフみんな気が効いててよかった」と言われるのは辛い、、


畑をやってる爺さんとスタッフYさんとママ友さん

爺さんにもらったネギ。湯豆腐が食べたい


2016年12月12日月曜日

カフェ営業は残りあと8日


カフェの営業終了まであと8日。
いろんな人が来てくれる。最後だからと来てくれる、、、

昨日のお客さま
冷えピタの婆さん、ややエロい爺さん、食事制限に嘆くおじさん、ダンディーsalesマン、soho会計士さん、DJ、町内会長とご婦人一行、azuちゃんファミリー、リハビリ散歩がToDoの元会社役員さん、ミネルヴァ店長、トランプをする少年4人組などなど。

書ききれない人も山のようにいるのですが
とにかく今は、そんなお客様とは 感謝と寂しさで しゃべってしゃべってしゃべってしまってます、、、(汗)

カフェを経営し、導き出てきたカフェの本質とは、
とにかくOPENでWELCOMEであること。

『Cafe is Open!』であり、

この点に於いてはほんとどこにも負けてないと自負ができるほど老若男女が気軽によってくれる店にできたと思う。

カフェをおしゃれにするのもいいが、カフェとはおしゃれよりももっともっと深いものだと思う。


そして、このOPENさはとにかくFLATなコミュニケーションを生み出し、
多くの人間関係と社会を見るさまざま観点をもたらしてくれた。
これが何よりものProfit。お金ではない。

どんな立ち場・肩書きの人とでも、FLATに話ができる立ち位置であるカフェ。
このカフェという立ち位置とそこからの風景を手放すことは大きなLOSSで、とにかく残念な限りなのですが、
どうにか次の企画・次の場へとこのProfitをつなげていきたいと思っています。

どうぞ、みなさま引き続きよろしくお願いしたいです。

ということで、これからカフェ営業日は毎日ブログ更新です。


カウンター下でひっそり告知。

2016年11月28日月曜日

アップルウォッチ

我が家のサンタは仕事が早いようで、
前からお願いしていたApple Watchが週末に届きました(笑)
詳しい使い方・テクノロジーをリサーチしていた訳ではないのですが、
『時間はやっぱり腕時計で見る』スタイルに戻そうと考えててのこの選択。

さっそく昨日からごきげんに使っており、
とってもいい感じ、feelingGoodなんですよ。

腕時計をはるかに超えたハイスペックな機能に”ギア好き山本”はシビれてしまうのですが、デジタルながらも心温まる気遣いがあってほっとするのもごきげんなポイント。

「ひと息つきましょう」
「ちょっと立ち上がって体を動かしましょう」

と、文字盤裏のセンサーで人体活動をモニターしてて、
タイムリーにリフレッシュを促してくれます。

お気に入りグッズというよりも もはや秘書、バディーに近い感覚です。
生産性をあげるライフハックな技術的側面がフィーチャーされるのはもちろんですが、集中力・生産性が落ちるのを防いでくれるあたたかいヒューマンギアでもあります。

人工知能を持つこのデジタルなバディーとの関係性、
しばらくいろんな発見が楽しめそうです。



2016年10月20日木曜日

Hero Died .平尾誠二氏 死去

平尾誠二さん死去。
ついにこの日が来てしまいました。
彼の大のファンであり、正しい考え方を示す師のような存在に彼を捉えていた私にとっては、もう本当に残念な限り。
こころに穴が開いてしまった心境です。陳腐な言い方ですが。

私はラグビーをやっていた訳ではないのですが、
20年以上も前、大学生のときから平尾さんの本を読んだり、
講演会を聞きに行ったり、
彼の考え方・存在には常に励まされ、考えさせられ、影響を受けてきました。
彼のライブな言葉や活躍を今後見ることができないことにもうなんとも寂しいものを感じます。

心に刺さる言葉、魂の言葉をたくさん残している平尾さんですが、
私の心に残っていることばはこれです。


『ばーっと見ること』


10年以上も前になりますが、ある講演会の最後で参加者からの質疑に答えていたときのことばで、質問は確か、"どうやったら理不尽な状況の中でも、正しい判断ができるようになりますか?" といったものだったと思うのです。

それに彼はちょっと困ったような仕草をしたのち、”ばーっと見ることですわね” と、
それ以外の言い方は分からない、あとはみなさん考えてね、、とでも言いたげな感じで愛嬌ある笑顔を見せていたことが思い出されます。

彼は亡くなりましたが、彼の意志というものは引き継いでいかねばなりません。
とにかく激動の53年間、ご苦労様でした。ご冥福をお祈りいたします。